土木工事、無事終了!

園舎の浅川側の斜面の土砂が、長い年月をかけて堆積し、
園舎の基礎部分の通気が悪くなっていました。
70周年記念事業で園舎の耐震改修工事をするにあたり、調査をしたところ、
このままでは園舎基礎部分への被害が心配ということになり、
OBや在園のお父さんで土木に詳しい方々のご支援を得て、土砂の除去と
土砂止めの工事をすることになりました。

5月の親子で遊ぼう会の頃から計画をはじめ、設計・材料注文・資材搬入・作業してくださるお父さんたちへの声かけ…と準備を進めてきました。

9月23日、朝9時。いよいよ工事開始です。
昨晩から雨が降り続き、作業ができるかどうか心配でしたが、作業開始時には雨も上がり、水たまりもなく決行!
11人のお父さんと卒園児1人がスコップ片手に集まり、土木作業が始まりました。


園舎の壁から80センチの幅で土砂を掘り出し、杭を打ってコンクリート板を立てかけて、その後ろに土を盛り入れて固定します。
これを8スパン繰り返して完成!

計画では、2週間にわたって2日の作業日と2日の予備日を予定していましたが、お父さんたちが手際よくどんどん作業を進め、なんと初日で工事はすべて完了しました!

卒園した娘はもう23歳になりました、というベテランOBお父さんから、まだ下の息子がちゅうりっぷさん(年少組)という現役お父さんまで総勢11名。
黙々と土を掘り起こし、くい打ちをし…。日ごろ使わない筋肉を駆使して頑張ってくれました。
学校では動物や自然環境の勉強をしているという卒園児の19歳の女の子もつるはしを持って頑張りました。

作業をしてくださった方々、ありがとうございました。
明日以降の作業を予定してくださっていたお父さんたちも、ありがとうございます。
土木作業はひとまず終了ですが、これからまた園舎改修工事に際して皆さんのお力をお借りしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お疲れさまでした!

園の前の浅川サイクリングロードは、とってもきれいな花々が咲いています。