園舎改修工事、進んでいます!

今年7月1日に70周年を迎えた「いなりもり保育園」
皆さまのご支援のお陰で、この夏大規模な改修工事をしています!

<掲載の2枚の完成予想図(パース)は、最初の設計時のもののため、実際の工事内容とは変更があります。>

工事は、2018年7月2日から8月31日までの2か月間。
築65年の古い園舎の外観は変わりませんが、中身は大きく変わります。

工事の詳しい内容は以下の通りです。

①耐震補強
床の板をすべてはがし、基礎をしっかりと補強、壁にも耐震の補強を施します。
地震がきても安心のしっかりとした建物になり、また、床材を厚さ3センチの無垢材にすることで、
木の香りのする温かい園舎に生まれ変わります。

②舞台の撤去
舞台部分を取りこわして、保育室を広く使えるように一体化します。
必要時には部屋を区切れるようにアコーデオンカーテンを取り付けます。
隣の小学校との境の壁には、小さな窓が設置され明るく風通しもよくなります。

③屋根裏収納(ロフト)の設置
取り壊した舞台の下に保管されていたものなどを収納できるよう、ロフトを作ります。
天井の大きな梁が、まるで山小屋のような雰囲気です。
ロフトの上部の壁にも窓を設置します。

④調理室のカウンター設置
調理室を少し広くして、保育室との壁部分にカウンターをつけます。
配膳に便利になり、お母さん給食の調理も動きやすくなります。

⑤汚物ながし新設
男の子のトイレ便器の一つを、汚物流し(衛生用や掃除用の流し)に交換します。
汚れものを衛生的に清浄できるようになります。

この他にも、ちゅうりっぷの部屋に布団収納棚をつけたり、あちこち手を加えています。

工事開始から1か月がたってしまいましたが、
これから、工事の進み具合を紹介していきます。

お楽しみに!